農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料(窒素成分量)が50%以下で栽培された農産物のことです。

2012年12月28日、当社の一部農園が宮崎県からエコファーマー認定されました。エコファーマーとは、過度の化学肥料や農薬散布による農地環境の悪化に対応するため、環境負荷の軽減に配慮した計画を行い、県知事からその計画の認定を受けた農業者です。
宮崎県の証明書
農薬を使わず太陽熱で農地を消毒したり、農作物に害を及ぼす害虫を天敵となる微生物や昆虫で退治しています。
また、有機質肥料(米ぬか・油粕・骨粉・貝殻・魚など)やたい肥を用いた土づくりを実践しています。